出産後、妊娠前の元の体型に戻すためには、産後ダイエットを行う必要があります。適度に運動をしたりエクササイズ(一度や二度では効果を実感できないものなので、一日五分でも続けることが大切でしょう)をして、衰えた筋肉を鍛えたり基礎代謝をアップさせることも大事ですが、それと同時に、食事の管理を行っていく必要があるといわれているのです。では、一体、どのような食事管理を行っていけばいいのでしょうか?まず、けして産後ダイエット(一生継続できる方法で行わないと、一時的には成功したように思っても、結局は失敗するようです)だからと言って、無理な食事制限をするのは止めてください。赤ちゃんに授乳する場合には、お母さんの栄養は赤ちゃんの栄養でもあります。ここで無理に食事制限をしてしまうと、赤ちゃんにバランスの取れた栄養を与える事が出来なくなってしまいます。赤ちゃんのお世話は体力を使うので、きっとお腹が空くだといえるはずです。でも、1回の食事でたくさん食べるのではなく、一日の食事回数を4〜5回に分けて、1回の食事量を少なめにしてください。なるべくゆっくりと食事をすれば、胃や腸への負担を減らすことも出来ます。一般的なダイエットで炭水化物を抜くようなダイエット方法がありますが、産後ダイエットは一般的なダイエットと違ってます。炭水化物(重要なエネルギー源の一つで、必要不可欠な栄養素です)を摂取しないと偏りが出てきてしまうので、白米を抜くのではなく、玄米を摂取するといいと思います。授乳に必要なカルシウムを効率よく摂るために、無脂肪のヨーグルトなどをフルーツと一緒に摂ると、すごくいいバランスでカルシウムと栄養を吸収することが出来るでしょう。フルーツの中でも特にバナナは、栄養も豊富で赤ちゃんを抱いていても片手でたべる事ができるでしょうから、産後ダイエットの強い味方になってくれるはずですー